エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カワイピアノも中国製が存在してた。
先日のヤマハピアノの中国国内向けのピアノに続き、
カワイも同様、国内向けの中国製が存在しておりました。

Kawai中国のHP
http://www.kawaipiano.cn/cn/index/

IMG_2398.jpg

マークは普通にカワイ
IMG_2396.jpg

だけどこちらは下にデザイン・バイ・カワイと。
IMG_2395.jpg

上前パネル右上にも。
IMG_2399.jpg


どうも触っていて様子が日本製と違うし、
デザイン・バイ・カワイの言葉が頭から離れず
調べてみたら、

北京製造でした。
http://www.mjpianojn.com/gangqinzhanshi/gangqin-detail.php?xid=2&pid=68&id=132


シンガポールでも販売しているのか、シンガポールの楽器屋さんで中古の販売のサイト情報
http://www.usedpiano.sg/Ch/Product-372.html

中国語だけど、日本製造と書いてある気がする・・・


興味深い発見で有りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

カワイピアノ
この日は、金ピカの豪邸でした。

製造番号から1982年製のカワイのUP。

IMG_1585_20131021220920187.jpg


台湾、ドバイ、そしてエジプトと旅をしてきたピアノです。

湿度の高いアジアの国で一般に流通しているようで、このピアノにも除湿棒が付いてました。
もちろん、エジプトには必要ありませんが・・・

帰りに、自家農場でとれた、フレッシュ牛乳と、大量のモロヘイヤを頂きました。
IMG_1586.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


カワイピアノ in Japan
日本に着いた2日目。
ちょうど一時帰国が重なった方の、ピアノの調律に行ってきました。

ご実家にある、カワイのアップライトピアノ。
昭和45年の春頃製造されたピアノですので、43年経ったピアノです。
計算が早いって・・?(笑)

低音が、金属的な音がするとお聞きしていたのですが、
何と、こんな感じ。

IMG_1144.jpg

ハンマーのフェルトが何本も完ぺきに外れてしまい、木の部分が弦を叩く状態でした。
その他、フェルトが半分外れているハンマーが何本もあり、モコモコした音に。


一時帰国中に着き、修理をするお時間も無かった為、
ひとまず、何年も調律していなかったピアノを調律。

その前にお掃除。
鍵盤の下から、びっくりチョコのシールが。
懐かしい…

掃除機の先端の細い口が、欲しかったのですが、一時帰国中のご実家。
保管している場所が分からず。


そしたらアイデアマンのお客様。
まずは、掃除機の先に紙を丸めたものをつけてくれました。

が・・・

強度が弱く、ダメ。

次に考えられたのが、ペットボトル。
これが素晴らしい!

おかげで鍵盤下の細かい部分のお掃除が出来、ピアノがピカピカに。

IMG_1145.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


おもちゃのピアノとピアノの中身
おもちゃのピアノも色々ありますが、音程がおかしかったり、色々ですよね。
その中でもKAWAIから出ているミニピアノは、音程も良く、音色も素敵。

先日Oさん(また0さんネタです)のお宅にお伺いした際、ピアノの横に置いてあったのですが、
これと同じミニピアノが家にもあります。
うちと言っても日本の実家ですが・・・

CIMG1199.jpg

音色に惚れてしまい、子供にというよりは、自分が一目惚れしてしまい購入したものです。

ちなみにカワイから、木製の物などもう少々高級なミニピアノも出ています。
http://www.kawai.co.jp/toy/sound/1104.html

あの盲目のピアニスト、辻井伸行さんも幼い時にこのおもちゃに親しんだとか。



どうしても中の構造が知りたくて、子供の夏休みの自由研究と称して、蓋を開けてみた事があります。

中はこんな感じ。
CIMG1200.jpg

鍵盤後ろの部分が、鉄琴を叩くようになっているのが解りますよね。

是非、小さいお子様のおもちゃにいかがですか?
大人もかなり遊べます。


ついでに、その時に私が小さい時から慣れ親しんだピアノの中身の写真も撮りました。
カワイのピアノですが、一番評判の悪い時代のピアノです。
ピアノの中を見た事が無いわっ! って方。
ぜひ、お楽しみ下さい。


まずは、前側パネルの上と下部分を取った写真。
CIMG1193.jpg


中のアクション部分、前側からとった写真。
CIMG1195.jpg

アクションの裏側。
CIMG1196.jpg


こうやって見ると、ピアノってたくさんの部品に、
たくさんの素材を使用しているのが解りますよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

KAWAI
この日にお伺いしたのは、スウェーデン人のお宅。
アンマンでこのピアノを中古で購入されたそうです。

IMG_0129.jpg

引っ越しの際だと思いますが、
マフラーペダルが外れ、減とハンマ―の間に落ちてしまい、全く音が鳴らない状態、
ソフトペダルの突き上げ棒も外れて、機能しない状態でした。

エレベーターの性能が悪く、階段上げがメインのこのお国。
このソフトペダルの棒が外れてしまうのは、ほんとうによくあるケースです。
もし左側のペダルを踏んでも機能しないようなら、この棒が外れてしまってると思ってくださいね。

さてこちらの奥様はプレス関係者なのですが、
私がお伺いした時はガザが大変になった時で(現在もですが)
陸路で現地に向かった奥様がどこにいるのか、ラジオの放送でしか知ることの出来ないご主人。

彼の使った“scary”と言う言葉のものすごい重さに
ハッとさせられた、そんな日でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。