FC2ブログ





エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Stカテドラル教会
ザマリックの教会、長い事カテドラルの修繕をしていましたが、
ようやく終了したらしく、調律のご連絡が入りました。

前回の日記
http://sallypianotuner.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

IMG_0945.jpg
近くで大屋根を開ける私を見て居た人、一人で開けれるのか?と心配して見ていたらしいです。
君はストロングだね!
と言われましたが、開けるのは問題ないのですが、身長が足りないので、突き上げ棒を掛けるのは大変。
しかもこのピアノ、移動しやすいように車輪を取り付けているので、さらに高い。


IMG_0947.jpg
その反対側。
傷がつかない様に?
この様な木が取り付けられています。

IMG_0944.jpg
鍵盤部分。
歴代のピアニストの勲章。
手や爪が当たって出来た傷がこんなに・・・



IMG_0946.jpg
リフォームされて、こんなに綺麗になりました。

IMG_0943.jpg
にわか聖歌隊が過去に歌った場所もこんなにきれいに。

ただし最近ベルギー大使館の支援で、数年にわたり修繕されてきたこのオルガン。
カテドラルの修繕の際に、ボタンが2個破損。
下のレバーも破損。
哀しい。


IMG_0939.jpg
大変綺麗な音を出す、素敵なピアノなんですが、ハンマーはこんな状態。
高音部に関しては、ハンマーが裂けてる為、音が出なくなってます。
どうにかした方が良いとは言ってるんですけどね・・


マリオットホテル裏にある、セントカテドラル教会。
敷地内にwadi craftと言うお店があり、値段も安いので、
大抵調律後は、お金を教会に還元と称して、買い物をして帰ります。

今回のヒット商品はこれ!
IMG_0982.jpg
取っ手を持ってゆっくり回すと、鳥が突きます。
これで20ポンド。

ちなみに敷地内にカフェが出来てました。
ちょっと良い感じでしたよ。


こちらの教会、アフリカの難民を支援しているので、
教会の敷地内には、いつもたくさんの黒人の人達。
さらに最近はシリア難民の為に、敷地の一部を開放しており、
大勢のシリア難民の為の支援も行っているそうです。

1日も早くシリアが、平和になりますように・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Niendorf とオールドハウス
今日はまた、素敵な場所でした。
1943年の古い家で、これからイベントを開催すべく、
ピアノが運び込まれました。

ナインドルフと言って高さが150センチほどのドイツ製のピアノ。
背の低い私は、調律が大変・・・

IMG_0903.jpg

IMG_0897.jpg


ナインドルフと言ったら、キャプスタンの部分が特殊なこんな形。
IMG_0899.jpg


鍵盤にこんな日付
IMG_0895.jpg


上板
IMG_0900.jpg

当時のエジプトの輸入業者の台数番号(おそらく)
IMG_0896.jpg

今日のエジプトマーク
IMG_0902.jpg


今は準備段階の素敵なお屋敷。
5月18日に最初のアラブ音楽のコンサートを企画されているそうです。
こんな素敵な場所でアラブ音楽、素敵・・・

4階建ての建物、調律後に見学させて頂きました。
3階分の吹き抜け。
調律をしていても、教会のように音が響きます。

IMG_0901.jpg

IMG_0904.jpg

2階から見たピアノ
IMG_0905.jpg

昔のステンドグラス(写真がボケてる・)
IMG_0907.jpg

繊細
IMG_0908.jpg

こんなお屋敷でアンティークのピアノを調律ていたら、
外からロバに野菜を積んだ物売りの声。
何だかタイムトラベルをしてしまった様な・・・
そんな素敵な体験でした。

まぁ個人的に、タイムトラベルと言う言葉は聞くだけで嫌ですが・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村




soph piano
この日のピアノ、sophピアノ。

IMG_0891.jpg


調べるのですが、ドイツ製と言うことぐらいしか解りません。
製造番号が4000と少ない事を考えると、小さいピアノ工房だったのでしょうか。

IMG_0886.jpg


はるばる海を渡ってエジプトまで来た訳ですね。

IMG_0889.jpg
今回のエジプトの代理店マーク。


エジプトで修理されたであろうこのピアノ。
バックチェックに〝?"のマーク。
 IMG_0888.jpg
修理中に何か疑問でもあったのか・・・??


そしてマフラーペダルがすごい!
形も独特ですが・・・

IMG_0887.jpg

カーテンの生地よね・・・



鍵盤が劣化で捲れあがってきてます。
欠けてしまった1本の鍵盤のみ交換。

IMG_0890.jpg


クリスチャンであるこのピアノの持ち主。
先週イースターで教会でソロを歌ったそうで、その映像を見せてくださいました。
心洗われるような美声。
でも、全く歌は習ったことが無いんですって!

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


Ibachピアノ
大変有名なドイツメーカーのピアノ、Ibach。

ホームページ
http://www.ibach.de/eng/ibach-e.htm

1794年から代々受け継がれているピアノメーカーで、現代7代目だそうです。

イバッハの歴史(ホームページより)
http://www.ibach.de/eng/historye.htm


ウキペディア(ドイツ語)
http://de.wikipedia.org/wiki/Ibach_%28Unternehmen%29




お聞きするのを忘れましたが、おそらくエジプトで15年ほど前に(もうちょっと前かな?)ご購入。
当時ナセルシティの楽器店に見に行った際、GP1台を含んだ3台しか置かれておらず、
その中の真ん中のピアノを選ばれたそうです。

エジプトでたまに当たりますが、オーバーダンパーと言って、ダンパーが上に来ている特殊な形のピアノです。
なので少々調律がしにくい。

こんな形
IMG_0782.jpg

カラの整調はココ。特殊な形です。
IMG_0783.jpg

ハンマー
IMG_0784.jpg

鍵盤蓋についていたマーク。ちょっとカッコいい。
IMG_0785.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

Duysen Piano
この日はアレキサンドリアロードを行った所に新しく出来たコンパウンドへ。

BCAのフリーマガジンを見ていたら載ってました。
新しいゴルフ場です。

IMG_0536.jpg


http://www.theallegriacairo.com/


お子さんたちは近くにあるブリティッシュスクールまで、自転車通学だそうです。
オランダでは普通だから・・ですって。
ここエジプトにおいて、何ともうらやましい環境。

このコンパウンド、まだ14家族しか住んでいらっしゃらないとの事で、
私がお伺いしたお宅も引っ越されたばかりで、玄関先に段ボールが山積みになってました。


そんなリビングにおかれたグランドピアノ、Duysen。
エジプトの知人を通して購入されたそうです。

IMG_0494.jpg


ウキペディアにありましたが、ドイツ語です。
http://de.wikipedia.org/wiki/Jes_Leve_Duysen

別の英語サイトにも情報が少ないのですが、
1857年にドイツのベルリンで設立されたピアノで、
ヨーロッパ内では名の通ったピアノだそうです。

IMG_0495.jpg
どなたか、この製造番号から製造年がお分かりになったら、お知らせください。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。