エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JENオープンサロンとGaveau
第12回JENオープンサロン
「Japan in our Heart”, Commemorating the second Anniversary Eve of the Great East Japan Earthquake
and Tsunami on March 11th」

↑の為の調律に行ってきました。

フランスのガボーのグランドピアノ。
製造番号から、1865年製と言うのが解ります。

外観も、こんな素敵なんですよ。

IMG_0579.jpg

実はこのピアノ、公邸の2階に使われないで置かれていたピアノでした。
虫食いで、ほとんどのフェルトやクロースが失われており、全く弾けない状態でした。

大使館のご協力のもとパーツを日本より取り寄せ、大修理の末、
新しく出来た大使館に搬入された、そんな逸話のあるピアノです。

ある時は、ピアノ足が移動の際に折れ、ペダルの部分が壊れ果てた事もありました。

IMG_0577.jpg
修理個所が良く解りますが(笑)木の部分が割れ、真鍮が折れ曲がりました。

鉄骨部分にこんなサインが。
IMG_0575.jpg

鍵盤蓋の部分にこんなもの。
IMG_0580.jpg


そしてイベントのお知らせ。

【日時】 3月10日(日)午後5時半~午後8時

【場所】 日本国大使館1階 多目的ホール

【住所】 81 Corniche El Nil St., Maadi, Cairo

*入場無料



【プログラム】 Language: Arabic/Japanese/English


17:30-18:00 Documentary Film “ Light Up Nippon“ followed by One Minute Silent Tribute to the victims



18:00-18:10 Speech of Japanese Ambassador Norihiro Okuda



18:10-18:20 Message from Ambassador Dr. Walid Abdelnasser



18:20-18:30 Messages from professors and students of Department of Japanese Language and Literature of Cairo University / Messages from Egyptian Alumni Association for the Ship for World Youth



18:30-18:40 My Experience of the Great East Japan Earthquake (former Egyptian Student in Japan, JEN Youth)



18:40-19:20 Lecture by Mr. Hideki Matsunaga, Chief Representative of JICA in Egypt,

on his experience of supporting people in the affected areas, including Q&A



19:20-19:50 Music Performance (piano by Mr. Kanno, including song by JEN Youth)



19:50-20:15 Get-together over soft drinks & snacks



*ピアノ演奏曲目 
●Number 1 & 2 from 15 Inventionen by J・S・BACH.(バッハ作曲 2声インヴェンションより、1番&2番。)
●Number 5 & 14 from 15 Symphonien by J・S・BACH.(バッハ作曲 3声インヴェンションより 5番&14番)
●Traumerei from Kinderszenen by Schumann.(シューマン作曲 トロイメライ‘‘夢‘‘)



【参加申し込み方法】
参加をご希望の方は、3月10日(日)正午までに広報文化センターまで、E-mailもしくはお電話にて、お名前、ご所属、お電話番号、ご住所をお知らせ下さい。

申込先: E-mail: culture@ca.mofa.go.jp  電話: 02-2528-5903


にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

プレイエルUP
フランスのプレイエルのアップライトピアノです。
製造番号 3305
1863年頃製造されたピアノです。

IMG_0100.jpg


通常のピアノの弦は、グランドピアノの蓋を開けられて解る通り
低音の弦と中音の弦が交差していますが、
こちらのピアノ、まっすぐです。

音量はもちろん少なくなりますが、低音の何とも言えない響き。
何とも言えない優しい音色で、大好きです。


ちなみにダンパーの形

IMG_0101.jpg

ブロックではなく、一体型です。


GAVEAU
本日のピアノ。
ダウンタウンにある楽器屋さんからレンタルされているガボーのグランドピアノ。

DSC00382[1]

見た目はこんなに素敵。

フランスのピアノです。
http://www5.ocn.ne.jp/~s.piano/newpage36.htm

製造番号から調べたら、1925~1930年頃に作られたもののようですが、
中の状態が・・・

その楽器店から2度ほどエジプト人が調律に来たそうですが、どうも音がおかしいとの事で
今回お電話を頂きました。

高音10音ほどが音色が突然何で変わるんだ…!と思ったら

DSC00377[1]

何と、オリジナルのハンマーの上からフェルトが巻かれた状態。

DSC00378[1]

どういう修理方法だ・・・

しかも弦張り方法。

DSC00380[1]


何故Uターンをせずに、玉結びをしたものを2重掛けなのか・・・


DSC00381[1]

ダンパーがぼこぼこ。
フェルト貼り替える際、順番を間違えちゃった??

調律後の音は、フランスピアノらしい優しい音色なだけに
何とも残念。

夏休み明けに、整調をするお約束になりましたが、
ご自身のピアノではなく、レンタルのピアノだし、
さて、どうしたものか・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。