エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これはすごい!
こちらは毎朝4時に起きて、ピアノを練習されていた方のもの。

IMG_2417.jpg

アップライトピアノの3本ペダルの内、まん中のペダルを踏むと音が小さくなりますよね。
ペダルを踏むとこのフェルトが、ハンマーと弦の間に下がり、音が小さくなる仕組みなのですが
ほぼ2年間で上のように・・・

これだけ練習をしたと言う証しですよね。
3年間大変お世話になりました。
ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ピアノ運搬
エジプトにも、ピアノを専門に運ぶ人たちが何人か存在致します。
一応ロープを使って運びますが・・・

IMG_2413_201403221513021cc.jpg


IMG_2414_201403221512227a4.jpg


IMG_2415.jpg

写真で見ると普通かもしれませんが、何だか危なっかしい。
少々の傷はしょうがないと諦めておりますが、
日本の運送会社様、エジプトに進出してくださらないでしょうか?

ピアノは高価なものなので、相談を受ける事も多く、引っ越し時に立ち会う事もあります。
引っ越し当日、運送会社のピアノの運び方に慄き、急遽ご連絡を頂き
私の知っている運搬人に行ってもらった事も、何度かあります。
傷の修理依頼も、何度かあります。



私の知っているピアノ運搬人2名。
モルシー 0100-5175-751
ラマダン 012-3324-914

モルシーは7年以上、使っていました。
時間に正確、運搬もラマダンより上手な気がしますが、
去年だんだんつり上がっていく金額に揉め、今は使ってません。

ラマダンは良心的な金額。
前回大幅に時間に遅れてきたので、文句を言ったら今回は時間通りに来ました。
現在は彼を使っております。


こちらはエジプトでは無いですが、各国を移動されている方のピアノの前足。

IMG_2368.jpg
見にくいですが、写真左側がピアノの足と鍵盤下の部分が接している所。
大きく欠け、ネジ部分が見えてます。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


これは・・・・笑える・・
さて、学校の調律に行ってきました。

そのうちの1台。
2007~8年製造のヤマハのピアノ。

高音がすごい!!

あまりにも面白いので、調律前に録音しました。




あぁ、何度聞いても笑えるわ~。

これ、順番に弾いてて、戻ったり、同じ音を2回弾いたりしてる訳じゃないですからね・・・


100%前の調律師の、調律が悪い。
にしても、ひどすぎる。
と言うか、ありえない。

それ以上にこのピアノで、ピアノレッスンがなされていたという事実。
どうやってたんだろ???

3本指に入るインターの学校なんですけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


これは良い!
先にFaceBookに載せてしまいましたが、
ちょっと素敵な映像を、youtubeで発見。

切ないような、暖かいような、とても綺麗な映像です。



感じ方は人それぞれでしょうから、私のコメはあえて控えましょう。

ピアノってデリケート
ピアノを何台かレンタルをしており、私のピアノは年2回、調律を無料でさせて頂いているのですが、
同じピアノを定期的に見ていると、色々な発見があります。

例えばお引っ越しで家が変わられたり、オーナーさんの変更で家が変わると
最初の1年は、音が狂いやすかったり、ピアノも落ち着かず
大体1年経ってくると、その家に馴染むようです。

温度や湿度にも、敏感に反応するので、
同じピアノでも家によって、全く音色やタッチが変化します。


さて、ここで前回も登場したOさんのピアノ。

娘さんが
〝この音は変だから弾かないで!″
って言うので、見に来てください、と。

行ってみると、びっくり。
ピンがズルズルで、音が保持しない状態までに。
このピアノは私のレンタルのピアノで、今までにもさまざまな家にありましたが
驚くほどピアノの状態が変わってました。

湿度計を見ると、なんと10%!!!!
ただし、Oさん曰く、この湿度計が壊れているのか?合っているのは定かではないと。
でも、ピアノの状態を見る限り、10%はさておき、過乾燥な事には間違いありません。

いくら乾燥している国とは言え、10%の家は初めてです。
家の片隅に立派な加湿器が使われずにあったので、それを使って頂いて
洗濯物を干して頂いたり、植木を置いて頂く事で、家の湿度をもう少し上げて頂く話をしました。

日本では60%前後が適度な湿度と言いますが、
ここエジプトでは43~45%ぐらいが、音も良く響き状態が良い気がします。
ただしこの数値は、あくまで私の経験値で、根拠はありませんのであしからず。

ピアノって、人間以上にデリケートなんです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。