FC2ブログ





エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エジプトの学校
去年の年末、とある学校のクリスマス会の為に移動した、
ピアノの調律に行きました。

会場設営ため、多くの大人たちが動いておりました。
こんな学校に通える子供達は、幸せ。

IMG_1806.jpg


そして年が明け、元の教室に戻したピアノの調律。

お伺いすると先生がおもむろに、鍵盤が壊れたと半分になった鍵盤を渡してくれ、
〝どうして壊れたの?"
〝Good Question! 弾いてて壊れた"
と。

韓国製のとあるメーカーのピアノ、本当に多いです。

IMG_2151.jpg
こんな感じ
調べたら、ヒビが入って動きが悪いのが5本も有りました。

ちなみにこちらのピアノ、ものすごく小ぶりで
黒鍵がこんなに短い。
IMG_2152.jpg
写真が逆さまだけど、26.5センチ。


この音楽の先生は今年で2年目。
本当に熱心で素晴らしい先生だと、感服しているのですが、
エジプトが嫌いで、嫌いでしょうがない先生で、
ピラミッドさえ行った事も無ければ、行きたいとも思わない程だと。
休みがあれば、エジプトから出る事を考え、
普段は学校と家の往復だけで、他の場所には行きたくも無いと。
気持ちは充分過ぎる程解りますが、ここまでだと大変だなぁ。

修理が授業に掛ってしまい、授業参観をしながら作業をしていましたが、
大人を小馬鹿にしたような態度をとる生徒も居り、同情しました。
(そんな生徒に全く負けていない、厳しい先生なんですけどね)


そんな帰り道、用事があり家の子供達が前に通っていた学校へ。
久々に見る元学校。
エジプトの学校の割には緑が多く綺麗。

IMG_2153.jpg

学校の中身はともかく、綺麗です。
それとも、古い思い出が美しく見えてしまっただけなのか・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

韓国製お得意のピアノ
サミックピアノお得意の家具調ピアノ。

IMG_1698.jpg


譜面台部分は、こんな。

IMG_1699.jpg


調べてみたら、結構興味深い。


Height 110cm
Width 148cm
Depth 56cm
Weight 214kg
Soundboard Solid Spruce with fine spruce veneer on top and back
Back Posts Basswood
Bridges Hard maple
Ribs Spruce
Plate Sand-cast iron plate
Action Samick Premium
Keys Basswood
Hammers FFW (German) / Special ST (JAPAN)
Strings Roslau(Germany)
Pin Block Cross-laminated American hard rock maple
Tuning Pins Nickel-plated, Cut-thread reverse torque

サミックのHPより
http://www.samick.co.kr/eng/products/products_view.php?pd_idx=79&ct_code=000001


サミックも1958年に設立ですから、50年以上の歴史はあるわけですね。
ちなみにヤハマは1900年に、ピアノの製造を開始しています。


最近鍵盤押さえの中央部分に、もう1つパーツが増えたようです。
(それかこのモデルだけか?)

IMG_1697.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


Samick Piano
IMG_1040.jpg

このピアノ、韓国人の方が持ち歩いていたピアノですが、
も5年ほど前でしょうか?
エジプトにやってきました。
そして運悪いことに、階段上げの運搬中にピアノのあちこちに傷がついてしまいました。
その塗装修理をやったことがあります。

そして今回エジプト出国が決まられ、エジプト人のお宅に引き取られることになりました。
女の子2人がピアノを習っております。

人間も、あちこちの国行ったり、留まったりといろいろな人生がありますが、
ピアノもまた然り。
ピアノの運命もまた、面白いものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


韓国製のピアノ
さて、ある学校から1台は鍵盤が数本鳴らない。
もう1台はダンパーペダルが使えないと言う御連絡を頂き、お伺いしました。

どちらも同じ韓国製の同じメーカーのピアノ。


ダンパーペダルが使えない方は、こんな状態。

IMG_0697.jpg

ダンパーの突き上げ棒部分のプラスチックのパーツの破損。
これ、本当に多いです。
本当に多いので、最近この修理が得意になりました。


そしてもう1台の数音、音が鳴らないピアノ。

何と鍵盤折れです。

IMG_0696.jpg

前回も1本修理をしていますが、その前にも数本別の人が修理した跡が残ってます。

なぜ、こんな事が起こるのでしょう?
どれもバランスピンの部分で折れているので、
木の素材か・・?
設計ミスか・・?

あまりにもひどいので、名前があげれません。
でも、別の同じメーカーのピアノで出くわした事が無いので、たまたまこの1台が・・・と思いたい。


ついでにエジプト人の修理法
IMG_0695.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村



韓国製ピアノの欠点
韓国製ピアノで良くある故障がこれ。

IMG_0051.jpg
(写真がボケててごめんなさい)


ダンパーペダルのプラスチック部分の破損。
本当に多いです。

パーツなど易々入る国に居りませんので、手持ちの材料を駆使して修理です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。