FC2ブログ





エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Steinway
ドイツからいらっしゃったお客様。
お母様が子供の時からお使いのピアノを、今は娘さんが弾いてます。
製造番号より1976年に作られたスタインウェイ。

IMG_0044_20121023143238.jpg

子供の時から、スタインウェイのピアノを弾けるなんて、幸せですね~。



ペダルの突き上げ棒の部分が、ゴム製でこんな変わったパーツがついてます。
これなら共鳴が無く、いいですね。

IMG_0042_20121023143236.jpg


しかも親屋根を支える突き上げ棒、こんな素敵な形。
このシャープ、美しいと思いません?
惚れぼれしてしまい、ついつい写真をパチり。

IMG_0043_20121023143237.jpg



ピアノもさることながら、お住まいのすばらしい事。
ピラミッドからほんの5~10分の場所なのに、木々に囲まれ、まるでドイツの様。
調律をしながらも、素敵な鳥の鳴き声が聞こえ、ハッとさせられます。
そして、こんな生き物も・・・

IMG_0047.jpg

カメレオン!!
エジプトで初めて見ました。
野生ですよ~。
お庭にいたのをたまたま捕まえたらしく、写真をメールで送って頂きました。


我が家より、たった10分の距離の場所なのに、自然の豊かさに驚きです。

スポンサーサイト

名無しのロシア製
この手のロシア製のピアノ、かなり多くエジプトに存在します。
ロシア製のピアノの多くに、名前の記載がありません。

ただしこのピアノ、フレームにこんなマークがありました。
プラスチック製で、触ってみたら簡単に外れました・・・

IMG_0109.jpg


ロシアのピアノ、独特なにおいがするので
匂いだけで判断が付きます。

こちらのお宅、今度引っ越された家がピアノ付きだったそうです。
6歳の男の子が弾いてます。

IMG_0110.jpg

ちなみに、弱音ペダルはマフラーではなく
チェンバロの音になるものが付いてました。



Hyundai Piano
エジプトで10年程前にご購入。
ここ2年程のお付き合いになりますが、割に故障が多く
何度か修理にお伺いしております。

2人の娘さんがピアノをお弾きになるのですが、
16歳にしてトリニティーのグレード8を終えられてしまったとの事。
すばらしい!

韓国製のピアノらしいのですが、
ホームページは見つかりません。
会社の住所は、アメリカ?

HYUNDAI
North American Music Inc.
126 Route 303
West Nyack, NY 10994

でも、サミックの工場で作られている(た?)らしいのですが、
サミックのホームページを調べても、出てきませんので
もう製造はしてないのでしょうか???

http://www.smcmusic.com/
サミックのホームページ

IMG_0111.jpg


Milton
赤ちゃんの哺乳瓶の消毒薬と同じ名前ですが、
エジプトでご購入。
中国製のピアノです。

IMG_0087.jpg


ホームページもありました。
http://www.miltonpianos.com/

英語のサイトに行こうと思ってもいけません。
1998年設立でしょうか?
かなり新しい会社です。

ご購入された時期を考えると、
きっと販売開始当初、エジプトに輸入した業者がいたのでしょうね。



http://www.miltonpianos.com/pic/b-wangluo.jpg
↑を見ると、エジプト及び、日本でも販売されているようです。



今回で調律にお伺いしたのが2回目。
前回気が付きませんでしたが、低音のハンマー部分にこんな棒が落ちていました。
きっと整調に使われていたと思われる棒、出荷前から入りっぱなしだったんでしょう。

IMG_0088.jpg


ちなみに、ソフトペダルの調整も下ではなく上の部分。
IMG_0085.jpg



ユンチャンピアノ
アメリカのワシントンからいらっしゃった、アメリカ人のお宅にお伺いしました。
エジプトにいらっしゃって1年。
韓国製のユンチャンピアノを運んでいらっしゃいました。
1992~3年ごろに製造されたピアノ。

ウキペディア(英語)
http://en.wikipedia.org/wiki/Young_Chang

ホームページ
http://www.youngchang.com/index.php/upright-pianos/platinum-series


小さい子を対象にピアノのレッスンをされているようです。
駐在で短いサイクルだと、なかなか知りあうチャンスがありませんが
結構ピアノの先生って、いらっしゃるのかもしれません。

ボールドウィン
アメリカのボールドウィンのUP。
製造番号から、1979~80年頃製造。

IMG_0107.jpg


ボールドウィン(Baldwin)

ボールドウィンは現在も続く数少ないメーカーの一つ。アメリカにピアノを普及させた立役者の一つと言える。
ボールドウィンの歴史

ボールドウィンは、理想とする音を追求し続ける、アメリカのピアノメーカーです。

創始者D.H.ボールドウィンは、「普通の人々が真面目に働き、理想を追求した結果として生み出されたもの」であると、自らのメーカーのピアノを評していました。

彼はもともと音楽教師でしたが、1873年にボールドウィンピアノ会社を設立し、ピアノ販売に力を入れ、1891年からは、ピアノ製作を開始しました。ところが1899年、ボールドウィンが死ぬと、敬虔なキリスト教徒であった彼は、その資産を全て教会に寄付してしまったのです。

この時ピアノ会社は倒産の危機に瀕しました。しかし経理を担当していたルシアン・ウルシンが、ジョージ・アームストロングと共に会社を買い取り、存続へと至ったのです。彼らのボールドウィンピアノは1900年のパリ博覧会ではグランプリを受賞し、1920年代にはアメリカの有名なメーカーとなりました。

現在も世界中で美しい音色の楽器として愛されています。

(http://piano.perma.jp/piano-maker/baldwin.htmlより引用)


スピネットと言い、とても背の低いタイプのピアノで、アクションが鍵盤よりも下に落ちています。
調律も椅子に座ってするのですが、どうもサイズがアメリカ人向けなのか?
奥行きが結構あり、体格の小さい私にはちとつらい・・・
このピアノ、ノーマンロックウェルの絵を思い出してしょうがない。

天屋根にはこんなロゴ
IMG_0105.jpg


インド系イギリス国籍のご主人と、フィリピン人の奥様。
前回お伺いした際は、マトンの本格インドカレーを御馳走になり
今回はフィリピン料理を御馳走になりました。

このピアノ、通常のピアノ同様ペダルが3本。
でも真ん中のペダルは普通、マフラーペダルですが、
これは低音ダンパーになってます。

最近お引っ越しをされたばかりなのですが、
引っ越し後、ピアノを弾いていた所、ペダルが突然壊れたとの事。

プラスチックで出来ているとはいえ、普通に使っていて割れてしまう事は考えにくく、
どうやら引っ越しの際に、どこかにペダルを強くぶつけ、ひびが入り、
そこでペダルを踏んだ事により、完璧に壊れ果てたようです。

こんなパーツ
IMG_0102.jpg


引越しにより、ピアノに傷が付いた事例は多々ありますが、
このようなケースは初めてです。





ブリュートナーGP
ザマリックの教会のGPなんですが、
ドイツ製のブリュートナーです。

製造番号を調べたら、1872~3年頃製造されたピアノの様です。

IMG_0098.jpg

ウキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC

ブリュートナーのサイト
http://www.bluethnerworld.com/


ウキペディアにもありますが、アリコートシステム(共鳴弦)と言い、
弦が1本余計に共鳴させるだけの為に、張られております。
だから、調律もこの部分も、別にしなければいけません。

IMG_0097.jpg



このピアノの鍵盤の部分。
歴代の調律師の名前が書かれております。

IMG_0093.jpg

IMG_0092.jpg

写真はごく一部。
1968年とは・・私の生まれる前・・・
名前もエジプト人以外もいくつか。

で、もちろん最近は私の名前が刻まれつつあります。

50年ほど経って、別の調律師が
何でエジプトに日本人の名前が!!・・・・何て事、想像するだけで楽しい。


ただしこのピアノ、ハンマーの弦跡がひどく、
最高音部に関しては、フェルトが裂け、中心の木の部分が出てしまっている為
高音の音量がなんとも…








プレイエルUP
フランスのプレイエルのアップライトピアノです。
製造番号 3305
1863年頃製造されたピアノです。

IMG_0100.jpg


通常のピアノの弦は、グランドピアノの蓋を開けられて解る通り
低音の弦と中音の弦が交差していますが、
こちらのピアノ、まっすぐです。

音量はもちろん少なくなりますが、低音の何とも言えない響き。
何とも言えない優しい音色で、大好きです。


ちなみにダンパーの形

IMG_0101.jpg

ブロックではなく、一体型です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。