FC2ブログ





エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホロビッツのピアノを聴きに行ってきました
前にブログで告知したコンサートに、行ってきました。

http://sallypianotuner.blog.fc2.com/blog-entry-114.html


ピアニストは江口玲さん
すごい経歴。

東京に生まれ、東京芸大附属音楽高校を経て東京芸術大学音楽学部作曲科を卒業、その後同校にて助手を務めた後、ジュリアード音楽院のピアノ科大学院修士課程、及びプロフェッショナルスタディーを修了。ピアノを故ハーバート ステッシン、外山準、金沢明子、伴奏法を故サミュエル サンダース、作曲を佐藤眞、故北村昭、物部一郎の各氏に師事。2011年5月までニューヨーク市立大学ブルックリン校にて教鞭を執る。2006年より洗足学園音楽大学大学院の客員教授を務める他、2011年4月より東京芸藝術大学ピアノ科の准教授に就任。現在もニューヨークと日本を行き来して演奏活動を行っている。


プロフィール
http://www.akiraeguchi.com/Akirabio-j.html

482307_503588796371538_620280571_n.jpg


そしてピアノ。

History of CD75  (By Tali Mahanor) 

■1912年6月19日生まれ 製造番号#156975。
 完成後すぐSteinway&Sonsのコンサート部に納入され、貸出用のピアノとして、いくつかのコンサー トで活躍する。
■1970年代後半ホロヴィッツ専用のピアノとなる。このいきさつについては、フランツ・モアの著書
 「ピアノの巨匠たちとともに」に詳しく記されている。
■1981-1982年、ミネアポリス、ボストン、ワシントンなど全米ツアーで使用される。
■1981.6.24-9.24、1982.10.19-1983.8.26の2度、自宅に運び込まれた。
■1981.11.1 Metropolitan Opera House (NY)
 このコンサートはライブ録音され、CD「Horowitz at the Met」として販売されている。
■1982.5.22-23 Royal Festival Hall (London)
 チャールズ皇太子(当時)がホロヴィッツを招待して開催されたこのコンサートでは、ウィリアムズ 皇太子誕生間近なダイアナ妃に捧げる「トロイメライ~シューマン/子供の情景」も奏された。
 このコンサートは録音&録画され、「Horowitz in London」としてCDとVHSが発売されている。
■1983.6.11 NHK Hall (Tokyo)
 ホロヴィッツ初来日の記念すべきコンサート。このコンサート後、ホロヴィッツがなぜこの楽器を選んだのかを徹底的に研究するために、CD-75はスタインウェイ社のResearch & Development部(研究開発部)に入った。   

1013401_455191177906819_2066901703_n[1]


演奏、ピアノとも大満足。
しかもアンコールが3回で得した気分。

最近、楽譜もIpadなんですね。
確かに、譜面をめくるもの、ポンっと触れるだけで楽ですし。
浦島太郎の気分です・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コーロデフィヨーレ東京支部
これまで何度も、カイロのコーラスグループ
"コーロデフィヨーレ"
のご紹介をしてきておりますが、
このコーラスグループ。
日本に帰国したメンバーで構成された東京支部があり、
月1回池袋にて、かなり本格的に練習が行われております。

早速参加してきました。

いつもは、もう少々大きなお部屋で練習されているそうですが、
今回予約が取れず、少々小さめのスタジオで。

懐かしいお顔がいっぱいですが、
泣く泣く、皆様の美貌を隠します。
掲載料を請求されると困りますので・・

IMG_1157.jpg

練習は10時から11時半まで。
その後、お時間のある方はランチタイムです。

初参加の人が頼まなければいけないお料理がこれ。
980円なり。
IMG_1158.jpg

今後、コンサートも検討しているようです。
アラビア語の歌も歌っております。

次回の練習は7月19日(金)朝の10時の池袋にて。
一時帰国で日本に戻っていらっしゃる方、
過去にカイロでコーラス部に所属していらっしゃった方、
もしくはカイロ時代にコーラス部に入っていなかったけど、
日本で歌ってみたいと思っていらっしゃる方。

メンバー募集中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


コンサート情報(エジプト)
フルートを習ってらっしゃるAさんに頼まれたわけではありませんが、
なんとなく無言で頼まれているような気がしましたので・・・
今週のカイロ響です。

1012636_10151553886113096_713009219_n[1]

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


コンサート情報
私は行けませんが…

954853_572841679433933_568394245_n.jpg


日本にご帰国前のコンサート。
頑張ってくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


カワイピアノ in Japan
日本に着いた2日目。
ちょうど一時帰国が重なった方の、ピアノの調律に行ってきました。

ご実家にある、カワイのアップライトピアノ。
昭和45年の春頃製造されたピアノですので、43年経ったピアノです。
計算が早いって・・?(笑)

低音が、金属的な音がするとお聞きしていたのですが、
何と、こんな感じ。

IMG_1144.jpg

ハンマーのフェルトが何本も完ぺきに外れてしまい、木の部分が弦を叩く状態でした。
その他、フェルトが半分外れているハンマーが何本もあり、モコモコした音に。


一時帰国中に着き、修理をするお時間も無かった為、
ひとまず、何年も調律していなかったピアノを調律。

その前にお掃除。
鍵盤の下から、びっくりチョコのシールが。
懐かしい…

掃除機の先端の細い口が、欲しかったのですが、一時帰国中のご実家。
保管している場所が分からず。


そしたらアイデアマンのお客様。
まずは、掃除機の先に紙を丸めたものをつけてくれました。

が・・・

強度が弱く、ダメ。

次に考えられたのが、ペットボトル。
これが素晴らしい!

おかげで鍵盤下の細かい部分のお掃除が出来、ピアノがピカピカに。

IMG_1145.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


ヤマハピアノと留守のお知らせ
おそらく一時帰国前、最後の仕事になろうこのピアノ。
ヤマハピアノ。
1974~1975年の間に製造されたピアノです。

IMG_1129.jpg


8年ぶりの調律、8年ぶりの再会です(笑)

お婆さまがオランダ人(おそらく)から買い取り、
お母様が結婚をし、お子さんたちの為にご実家から運ばれました。

IMG_1128.jpg


虫に食われた跡があると、ご連絡を頂いたのですが、
過去に入ったものの、現在は居ない様で一安心。

お嬢様がナフタリンのアレルギーがある事を知っていたので、
ナフタリンの代わりに、クローブとクラックペッパーを入れてみました。
どのくらいの効果があるのか解りませんが、なかなかいい香り。

また8年後に効果があったかどうか、見ましょうね!
ですって。
冗談がきつ過ぎます。


さて、8月終わりまで日本に一時帰国です。
皆様に大変な、ご迷惑をお掛けする事になり、申し訳ありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村



暑いではなく熱い
現在夕方5時。
外の気温42度。

朝からハムシーンの様に空が曇っており、
物凄い熱風。

変な天気。

IMG_1132.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


ロシア製ピアノ
正確には旧ロシア、ベラルーシで作られたピアノの様です。

IMG_1119.jpg


IMG_1118.jpg
ピアノの中についているマーク。

何度かお伺いしているお宅で、ピンの保持や、ハンマーの状態など前回お話していた所、
今回、もうちょっとこのピアノと付き合いたいので、最低限で直せる所は直したいという要望でした。

解りましたと始めたものの、ピンルーズが前回よりひどく、
全く保持しない弦が何本も(これ以上打ちこめない状態)

低音の2本弦の1音は、2本ともダメで、とりあえず1本だけ修理。
ピンを外してみたら、こんな感じ。

IMG_1117.jpg
細くて長め。

最初刺さっている弦の先がなかなか外せないと思ったら、穴の位置がまっすぐでない!
だから戻すのも大変。
そんな事って有り?


修理も出来るけど、ピアノのクオリティーと状態を考えると、
買え替えをお勧めし、とりあえず1本だけ修理し、あとはフェルトで止音して、
当分の間は、弾けるようして帰ってきましたが、
30年経っているこのピアノ。
彼らがエジプトに来て20年、ずーっと一緒だったピアノ。
もう家族の一員みたいだから、なかなか寂しい・・
って言ってもらえるピアノって、本当に幸せですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村






続く停電
最近昼間と夜と、1日2回ある停電(家の場合)

マーディのコーラスの練習は夜なので、何度か、
ヘッドランプをみんなで点けて、歌を歌い続けた日がありました。
それは、それは面白い光景・・・

先週あったコンサート当日も、もしもの停電に備え、
皆でヘッドランプとろうそくを準備。
幸い、停電になりませんでしたが、これも面白かったかもしれません。


調律中も然り。
調律はまぁいいのですが、細かい作業は見えないので
携帯の懐中電灯で作業を続けたりもあります。

昨日は調律が終わって帰る時に停電(省略時間もあり)
降りるだけだからと6階から、片手に懐中電灯、片手に調律かばんを持って帰ったら、
今日は片腕が筋肉痛。

いったい何キロあるんだろう、このかばん?
と計ってみたら、約10キロありました。

IMG_1116.jpg


停電になると、水のモーターも止まる為、断水にもなり(家の場合)
この暑い最中、たまらないですね。

逃げるが勝ち…かな。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村

「カイロ・フレンドシップ・ウインズ・アンサンブル」コンサート
「カイロ・フレンドシップ・ウインズ・アンサンブル」コンサートのご案内



カイロ交響楽団及びカイロ・オペラ・オーケストラ所属音楽家有志による「カイロ・フレンドシップ・ウインズ・アンサンブル」によるコンサートを以下の通り開催します。

皆さまお誘いあわせの上,ぜひお越しくださいませ。



【日時】6月4日(火)18:00~19:00

【場所】在エジプト大使館多目的ホール

【住所】81 Corniche El Nil St., Maadi, Cairo

【カイロ・フレンドシップ・ウインズ・アンサンブル・メンバー】

・ホルン 西村亜紀子 ( カイロ歌劇場管弦楽団 首席ホルン奏者 )

・フルート 田中桂子( カイロ歌劇場管弦楽団 首席フルート奏者)

・トランペット 堀江努( カイロ歌劇場管弦楽団 首席トランペット奏者 )

・トロンボーン リッカルド( カイロ交響楽団 バストロンボーン奏者 )

・チューバ 岡島征輝( カイロ交響楽団 ソロチューバ奏者 )



*入場料不要





【参加申し込み方法】
参加をご希望の方は、6月3日までにE-mailもしくはお電話にて、お名前、ご所属、お電話番号、ご住所を広報文化センターまでお知らせ下さい。

申込先: E-mail: culture@ca.mofa.go.jp  電話: 02-2528-5903



にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村


image001.png



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。