FC2ブログ





エジプトでピアノ調律をしています!



プロフィール

Sallyninja

Author:Sallyninja
エジプトでピアノ調律をしています!
ふと気付いたら、エジプト在住が10年を超しておりました。
今まで、世界各国から運ばれたさまざまなピアノや、人との出会いがありました。
実は娘と競い合う事になり、ブログを始めましたが、全く敵う気がしない…



最新記事



カテゴリ



フリーエリア

カウンター by 
 無料の画像カウンターはシンプルカウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



月別アーカイブ



フリーエリア



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロシア製ピアノ
正確には旧ロシア、ベラルーシで作られたピアノの様です。

IMG_1119.jpg


IMG_1118.jpg
ピアノの中についているマーク。

何度かお伺いしているお宅で、ピンの保持や、ハンマーの状態など前回お話していた所、
今回、もうちょっとこのピアノと付き合いたいので、最低限で直せる所は直したいという要望でした。

解りましたと始めたものの、ピンルーズが前回よりひどく、
全く保持しない弦が何本も(これ以上打ちこめない状態)

低音の2本弦の1音は、2本ともダメで、とりあえず1本だけ修理。
ピンを外してみたら、こんな感じ。

IMG_1117.jpg
細くて長め。

最初刺さっている弦の先がなかなか外せないと思ったら、穴の位置がまっすぐでない!
だから戻すのも大変。
そんな事って有り?


修理も出来るけど、ピアノのクオリティーと状態を考えると、
買え替えをお勧めし、とりあえず1本だけ修理し、あとはフェルトで止音して、
当分の間は、弾けるようして帰ってきましたが、
30年経っているこのピアノ。
彼らがエジプトに来て20年、ずーっと一緒だったピアノ。
もう家族の一員みたいだから、なかなか寂しい・・
って言ってもらえるピアノって、本当に幸せですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ エジプト情報へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト


コメント
ピンの問題は、辛いね。固定しなかったら、持っていても意味がない。それだったら新しいのを買って、古い使えないピアノは中身を全部取り除いて物を入れる家具に変えてもらった方がいいかも。家に残るよ。それも面倒だけどね、、、
[2013/06/05 21:24] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。